2021年05月06日

『84城目』新発田城(新潟県新発田市)

登城日:令和2年9月20日

初めて訪れるお城のときは、
必ず駐車場を事前に確認しておくのですが
この新発田城の駐車場の名前がずっと気になっていました。
”アイネスしばた”

偶然にも駐車場の案内板に
”アイネスしばた”の名称に込められた意味が
掲げられていましたよ

アイ:愛される公園、市民が会い集う公園
   郷土愛に満ちた公園、しばたの新しい街の顔(目eye)

ネス:新発田らしい方言による親しみやすさ。


no title
さて。この”アイネスしばた”
綺麗に整備されていてクルマも停めやすく
しかも無料です。
ありがとうアイネス
00
駐車場から歩いて数分で、二ノ丸隅櫓がお出迎え
湖面に映る逆さ櫓
無風だったら最高だったなぁ。
0000
新発田城は、戦国時代には佐々木氏の一族
新発田因幡守重家の居城であり、
近世は慶長3年(1598年)に入封した新発田藩主
溝口秀勝が築城を開始し、以降溝口家12代の
居城となりました。

現在は新発田城址公園と
陸上自衛隊駐屯地となっています。


0000000






(22:36)

コメントする

名前
 
  絵文字